BABY & KIDS

知らないうちにやってない?抗菌薬(抗生物質)のこれはNG!

お子さまに処方された抗菌薬(抗生物質)、知らないうちにNGな取り扱いをしてしまっているかも! そこで今回は、ついやってしまう抗菌薬のNGと、正しい抗菌薬の取り扱い方法についてご紹介します◎[Presented by 国立国際医療研究センター病院]

ついやってしまう抗菌薬のNG3選!

①飲み切らないのはNG!

「治ったからもう飲まなくていいか」と、症状が症状がよくなったからといって処方された抗菌薬(抗生物質)を飲み切らないのはNG!

②取っておいた抗菌薬を飲むのはNG!

以前処方されたときと同じ症状だからと、取っておいた抗菌薬を飲むのはNG!

③抗菌薬をもらったりあげたりするのはNG!

家族や友だちなど親しい間柄の人でも、抗菌薬をあげたりもらったりするのはNG!

気をつけないと薬が効かなくなることも!

こういうことをしていると、薬剤耐性菌が増えて薬が効かなくなってしまうかも!

薬剤耐性って?

薬剤耐性とは、抗菌薬を正しく使用しないことによって薬剤の効かない細菌が生じてしまうことをいいます。
薬剤耐性になると感染症が治りにくくなってしまう可能性があるんです!

抗菌薬は正しく使用しよう◎

取っておいた抗菌薬を飲まない!

取っておいた抗菌薬は飲まずに、そのつど病院で処方してもらいましょう。

飲み切ろう!

抗菌薬は医師の指示通りに飲み切りましょう。

もらったりあげたりはやめよう!

抗菌薬をもらったりあげたりするのはやめましょう。

正しく使って元気になろう!

抗菌薬を正しく使って早く元気になりますように♪

ライター:あだちあやか