BABY & KIDS

100均の手ぬぐい3枚でできる! 甚平の作り方

花見大会やお祭りなど夏のイベントに、手作りの子供用甚平を着ませんか?100均の手ぬぐいでできる作り方をご紹介。お子さまにぴったりな色柄デザインで、かわいいオリジナル甚平を作りましょう♪

用意するもの

・手ぬぐい(縦35cm×95cm)…3枚
・ゴム(ズボンのウエスト用)
・裁縫セット
・アイロン
・型紙(下のURLよりダウンロードしてください)

※この記事では100均「セリア」の手ぬぐいを使っています。
※この記事では縫い目が見やすいように黒い縫い糸を使っています。実際は生地にあった色の縫い糸を使ってくださいね。

甚平(上着)の作り方

1. 型紙をプリントアウトする

上記URLより型紙をダウンロードし、A4サイズでプリントアウトしてください。全部で11枚です。

2. 型紙をはり合わせる

test
test
test

3. 手ぬぐいに型紙を重ねて裁断する

test

手ぬぐい3枚は、それぞれ身頃用、ズボン用、その他(襟、袖、おくみ、ひも)用に分けて使います。

身頃用、その他用の2枚は、横に二つ折りにした状態で型紙を合わせてください。

身頃の後ろ中心と襟部分は、「わ」(二つ折りにした山折りの部分)を利用します。

ズボン用の手ぬぐいは、縦に二つ折りにして型紙を合わせます。

画像のような状態で型紙をおいたら、それぞれ裁断してください。

test

裁断すると、次の6つのパーツに分かれます。

・身頃パーツ(1枚)
・襟パーツ(1枚)
・袖パーツ(2枚)
・おくみパーツ(2枚)
・ひもパーツ(2枚)
・ズボンパーツ(2枚)

身頃と襟は「わ」を利用するので、開くと左右対称になります。その他のパーツはそれぞれ2枚ずつ切り取れますよ。

手ぬぐいの端に型紙を置いて裁断すれば、手ぬぐいそのものの縫い目をそのまま利用できます◎

4. 身頃パーツとおくみパーツを縫い合わせる

test

身頃パーツに2枚のおくみパーツを縫い付けます。

まち針やしつけ縫い、もしくはアイロンをかけをのいずれかをしておくと、スムーズに縫えますよ。

test

縫い始めと縫い終わりは、返し縫いを忘れずに!

5. 身頃パーツと袖パーツを縫い合わせる

test

身頃パーツの左右の袖部分に、袖パーツ2枚を縫い合わせます。

6. 脇部分を縫う

test

脇にあたる袖の下部分も忘れずに縫いましょう。

7. ひもパーツにアイロンをかけて縫い合わせる

test

ひもパーツは半分に折りたたみ、アイロンをかけて形を作ります。

test

半分に折った状態でミシンで縫い合わせます。

8. ひもパーツを挟んで脇下を縫う

test

ひもパーツを挟んだ状態で、脇下を縫っていきます。

右脇のひもパーツは外側に出すように、左脇のひもパーツはを内側に入れるようにまち針で仮止めします。

test

後ろ身頃より前身頃の方が、少し長くなるように調節しましょう。

9. 襟パーツを仮留めする

test

中心を合わせながら、襟パーツで身頃を挟むようにまち針で仮留めします。

test

襟は丸みがある部分なので、アイロンをかけてクセをつけるか、しつけ縫いしておくと付けやすくなりますよ◎

10. 身頃パーツと襟パーツを縫い合わせる

test

身頃パーツと襟パーツの仮留めした箇所を縫い合わせていきましょう。

11. ひもパーツを縫いつける

test

仮留めしていたひもを縫いつけます。手縫いでもミシンでもOKです。

12. 裾パーツにアイロンをかけて縫う

test

裾パーツにアイロンをかけてクセをつけてから、前身頃の袖部分に縫いつけます。このとき、後ろ身頃の長さと合わせてください。

これで身頃は完成です♪

甚平(ズボン)の作り方

1. ズボンの裾を縫う

test

ズボンの裾部分にアイロンをかけてクセをつけ、縫います。

2. ズボンパーツ2枚を縫い合わせる

test

ズボンパーツ2枚の、中心部分をそれぞれ縫い合わせます。

test

前中心、後ろ中心をそれぞれ縫うと、筒状になります。

3. 股部分を縫う

test

ズボンの股にあたる部分を縫います。

4. ウエスト周りを1周縫う

test

ウエスト部分を折り返し、ゴムを通る太さの輪っかを作ったら、ぐるっと1周縫います。

5. ゴムを通せば出来上がり!

test

ウエストにゴムを通して、お子さまのウエストに合わせて長さを調節してください。

これで甚平のズボンも完成しました♪

夏のイベントにぴったり! 子ども用甚平

test

袖や裾にレースやリボンをつけたり、刺繍をほどこしてもかわいいですね♡

ライター:あだちあやか